シミの治療は美容皮膚科が最適|紫外線を予防してシミを減らす

ウーマン

シミの種類をチェック

顔を触るウーマン

シミが顔などに発生していると気持ちも落ち込み、コンプレックスとなってしまいます。そんなシミですが、実は色々な種類に分かれていることはご存じでしょうか。発生しているシミの種類によって出来る原因や特徴などが異なります。シミを治療していくには美容皮膚科の利用が最適ですが、まずは自分の顔に発生しているシミをチェックしてみることから始めましょう。

シミの種類の1つに老人性色素斑と呼ばれるものがあります。これは最も一般的とされているシミで多くの女性に発生しています。年齢を重ねるごとに発生しやすく、老人性色素斑は主に紫外線が原因で発生してしまいます。大体40代になってくると目立ってくるでしょう。円形で大きさが1センチのものが多く、目元や頬骨によく発生するのが特徴です。老人性色素斑の出来始めは薄いですが、放置しておくと色が濃くなって深いシミに発展してしまうので注意が必要です。そのため、老人性色素斑だと思われるシミが発生した場合は、十分なスキンケアと美容皮膚科の治療で早めに除去するのがおすすめとなっています。次に肝斑があります。肝斑は基本的に30~40代の女性を中心に発生しており、女性ホルモンが原因となっています。薄い茶色や灰色のシミが顔の左右対称に出来るのが特徴です。また、肝斑は閉経すると段々と消えていく性質があります。30~40代じゃなくても、妊娠してホルモンバランスが乱れることにより発生するケースも珍しくありません。なお、この肝斑は紫外線を浴びてしまうと色がはっきりとしてくるので、紫外線対策を行なう必要があります。美容皮膚科では肝斑の治療も豊富にあるので、気になる方は調べてみると良いですよ。次に紹介するのが炎症性色素沈着です。ニキビなどの肌荒れや虫刺され、傷などが原因で肌にダメージを与えて色素沈着によりシミとなってしまいます。発生する大きさはダメージにより異なりますが、褐色や黒褐色となって肌に現れることが多いでしょう。紫外線の影響ではなく、刺激やダメージで発生してしまので注意が必要になります。炎症性色素沈着を防ぐためにも、なるべく肌に刺激を与えないことが大事です。このようにシミには色々な種類があることが分かりましたね。自分の顔にあるシミをチェックしてみて、種類を把握していきましょう。種類によって効果的な治療も異なるので、美容皮膚科で綺麗に治していくと良いです。